top of page

ビタミン豊富な夏のグラスフェッドミルク

黄色味を帯びているミルクは、牛が栄養素の高い夏草をたっぷりと食べた証拠であり、それを飲む人間にとって暑い夏を乗り切る大きなサポートになります。さらに、グラスフェッドミルクを通じて季節の移り変わりを感じることも、このミルクの楽しみの一つです。



<北海道西興部村 萩原牧場の風景 2022年夏>


夏のミルクは栄養豊富

西興部の萩原牧場の夏草は、酪農のプロが丹念に作り上げた土と明るい日差し、そして天塩山系の綺麗な伏流水に育てられて栄養豊富です。牛はこの季節の柔らかな夏草が大好物。たっぷりと食べて、植物由来のαリノレン酸(オメガ3)やβカロテン(ビタミンA)、さらにビタミンD、Eや各種ミネラル(カルシウムや鉄分など)を含んだミルクを私たちにもたらしてくれます。


ちなみに、オメガ3は血液サラサラ効果があると注目されている成分です。サバなどの青魚に多く含まれていることは有名ですが、実はグラフフェッドのミルクにもそれが含まれているのです。


βカロテンは抗酸化作用および免疫賦活作用があるとされます。また、対内でビタミンAとして機能し、生殖機能維持、皮膚の角質化を防ぎ、細菌への抵抗力を強め、さらに視力低下や眼球乾燥症を防ぐとされています。


ビタミンDは骨や歯の成長に不可欠で、特に育ち盛りの子供は成人の4倍の所要量が必要とされます。また、高齢者の骨粗鬆症の予防につながるの指摘もあります。


そしてビタミンEは、細胞を柔軟化し末端の血液循環を改善します。特に、抗酸化作用があり、活性酸素などのフリーラジカルから細胞を守る働きがあります。


公益財産法人日本食肉総合センターの資料をご参照(http://www.jmi.or.jp/qanda/bunrui5/q_087.html


黄色味はビタミン豊富な証拠

ところで、先日、弊社のソフトクリームミックス(ソフトクリームの素)を卸したソフトクリームショップから、「ミックスの色がいつもよりも黄色ですね」とのお話がありました。お客様のその見立ては正解です。


実は、ソフトクリームの主原料であるミルクは、牛を牧草中心に育てるグラスフェッドのミルクであれば、夏は黄色みを帯びてきます。これはミルクに含まれるカロテンの色です。カロテンはニンジンに多く含まれていることが知られていますが、牛が食べる青草にもしっかりと含まれています。


ですので、アイスクリームやミルクがやや黄色がかっていれば、これは牛が新鮮な夏草をたくさん食べた証拠。同時に、ビタミンやミネラル、オメガ3などの栄養素が満載のミルクですので、そうした乳製品に会うのはラッキーです。


逆に、春夏秋冬で色が変わらないミルクは、穀物を中心とした配合飼料によって育てられた牛のミルクとみられます。もちろんタンパク質や鉄分などの栄養素はありますが、牧草由来のビタミンやαリノレン酸などを期待することはできません。


ということで、暑い夏、そして疲れが出やすい初秋にむけ体を整えるため、ビタミンたっぷりの夏のグラスフェッドミルクやその製品を活用してみてはいかがでしょうか。







最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page