top of page

グラスフェッドバターの魅力

バターは多くの人にとって、最も美味しい調味料の一つです。バターの原料である生乳は、牛の食べ物によって影響を受けます。グラスフェッドバターは、牛が牧草のみで育てられた生乳から作られるバターです。この記事では、グラスフェッドバターの魅力について説明します。


 

グラスフェッドバターとは何か?

グラスフェッドバターは、草で育った牛の乳を原料として作られるバターであり、一般的なバターよりも栄養価が高く、風味が豊かで濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。


味の特徴だけではなく、栄養価も優れています。グラスフェッドバターは、牛が食べた牧草や植物に含まれる栄養素を含んでいるため、グレインフェッドのバターとは栄養素の特徴に違いがあります。牧草で育った牛の乳には、オメガ-3脂肪酸、β-カロテン、ビタミンE、ビタミンK2などが含まれ、グラスフェッドバターにもこれらの栄養素が含まれています。


食品の安全性という点でもグラスフェッドバターには特徴があります。放牧牛の場合は、抗生物質やホルモンを含む飼料を与える必要がないため、抗生物質抵抗性菌のリスクが低く、食品の安全性が高いとされています。



グラスフェッドバターの栄養素と健康の関係

グラスフェッドバターには、健康的な効果があります。グラスフェッドバターは、オメガ-3脂肪酸、ビタミンK2、ビタミンE、ベータカロテンなどの栄養素を含んでいます。これらの栄養素には、心臓病、がん、糖尿病、脳卒中などの疾患の予防に役立つという研究報告があります。また、グラスフェッドバターには、牛乳アレルギーを持つ人々にも適しているという利点があります。グラスフェッドバターは、牛乳のアレルゲンをほとんど含まないためアレルギー反応が起こりにくいのです。


グラスフェッドバターの料理への使い方

グラスフェッドバターは、普通のバターよりも豊かな味わいを持っているため、お料理の味を一層引き立てることができます。その濃厚でクリーミーな味わいから、パンに塗ったり、卵焼き、グラタン、シチューに入れたりなど幅広く楽しむことができます。また、グラスフェッドバターをステーキに加えることで、お肉の風味がより一層引き立ちます。ステーキを焼いた後に、バターを加えてソースを作ったり、ステーキに乗せたりすると美味しさが格段にアップします。


グラスフェッドバターは、加熱しても風味が逃げにくいため、フライパンでの調理やソース作りに適していますが、低温でゆっくりと調理すると、より一層風味が豊かになります。低温で少し時間をかけることが美味しい使い方のコツです。


また、お菓子作りにもグラスフェッドバターは適しています。ケーキの生地やパイ生地、焼き菓子やスコーンに使用しても楽しめます。特に、手作りスコーンはおすすめです。薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、グラスフェッドバターを混ぜ合わせて、オーブンで20~30分焼くだけで、グラスフェッドバターの風味が香る焼き立てスコーンを楽しむことが出来ます。














最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page